おしりの汗 対策

MENU

おしりの汗の対策方法はこれ

おしりの汗については、汗の量が多ければ多いほど悩みは深刻なものになります。何もしていなくてもただ椅子に座っているだけでもおしりの汗を感じ取ってしまう時はとても気分が悪くなりますよね。

 

何とかしてこのおしりの汗の対策をする方法はないのでしょうか?おしりの汗の対策で症状が改善するのであれば、これからの夏本番になる前にしっかりと対策に取り組んでいきたい所ですよね。ここでは、おしりの汗の対策方法についてご紹介したいと思います。

 

おしりの汗の対策方法

早速、おしりの汗の対策方法をご紹介いたします。おしりの汗が気になっているという人は、まずおしりに汗をかきやすい体質だということなので、その点も踏まえながら対策を紹介していきたいと思います。

通気性の良い下着をはく

私達の体というものは、蒸れてしまうと汗をかきやすくなってしまいます。そのためにも、少しでもおしり周辺の通気性をよくしておくことが大切です。

 

通気性の良い下着を着用したり、渇きやすい下着を選択するのは蒸れを防ぎますので汗が出にくくなります。また、ズボンまで汗がいってシミになってしまわないようにするためにも、ズボンを履く時にはスパッツなどを履いてからズボンを履くようにすることもおすすめです。

制汗剤を使う

制汗剤を使用すると、今までの汗が嘘のようにぴたりと止まる可能性があります。また、全く出なくなるまではいかなくても、汗がでにくくなる効果があります。

病院に行く

皮膚科では、ボトックス注射というものを行ってくれます。すると汗が出にくくなりますが、こちらは少し高額だということを頭に入れておきましょう。注射以外の方法としては、塗り薬や飲み薬が処方されるといった傾向があります。

 

制汗剤はどんなものを使えばいいの?

おしりの汗対策として制汗剤を選ぶ時には、出来るだけクリームタイプのものを選ぶようにしましょう。おしりの汗対策には色々な商品が発売されていますが、その中でも「ヒップリップ」という商品はクリームタイプで人気があります。

 

スプレータイプの制汗剤ですと、なかなかしっかりと成分が届いていないという場合がありますので、出来るだけクリームタイプを選ぶのがコツです。

まとめ

おしりの汗対策としては、まずは蒸れやすい状態を避けるためにも通気性のよい下着を選ぶということが大切でした。また、皮膚科に行って飲み薬や塗り薬を処方してもらうという方法もあるということも分かりました。

 

皮膚科に関しては、ボトックス注射という方法もありますが、こちらは高額になりますので注意しましょう。

 

また、おしりの汗を制汗剤で対策したい場合には、クリームタイプの制汗剤で対策するように心がけることでよりおしりの汗をかきにくくすることができるので、もしも制汗剤を選ぶ時にはクリームタイプを選ぶようにしましょう。

 

制汗剤にかんしては、「ヒップリップ」という制汗剤がおしりの汗対策にはとても人気がありますので、1度こちらもチェックしてみるとよいですね。