すそわきが おりもの

MENU

すそわきがにならないためにはおりもの中のケアが大事!

女性はとくに気を付けてほしいのですが、おりもの中にすそわきがになってしまっているかもしれません!!すそわきがとはなにか知らない方も、おりものや生理中には特に気を付けていただきいです。おりものや生理中には特に注意しなければいけない、すそわきがについて、女性は必見ですよ!!

 

すそわきがとは

 

すそわきがとはわきがと似ていますが、デリケートゾーンの臭いのことです。アポクリン汗腺という汗腺から汗が出て、アンモニアや皮脂などと反応することによって臭いを発しています。汗そのものの臭いではないですが、汗をかくと反応することから夏場などによく臭いを発しやすいといわれています。おもにアポクリン汗腺があるのはワキ、デリケートゾーン、耳のなか、へそなどです。

 

わきがの臭いを発している人のちかくにいると鼻をつんとつくような臭いがすると思います。わきがの人自身は気が付いていないことが多いのですが、周りの人からはかなりわかるほどの臭いですよね。しかし学校のクラスメイトであったり会社の同僚であったり、言いづらいことなのでなかなか気づいてもらえず周りの人が悩むという場合もあります。

 

すそわきがやわきがに関して、男性よりも女性の方が体質的になりやすいということがわかっています。特にすそわきがは生理やおりものといったデリケートゾーンが汚れやすい周期があるので、より気を付けていないと臭いをはっしてしまうことになります。

 

どう気を付ければいい?

 

女性の場合、生理やおりもののときはいつもより清潔に保たないといけません。トイレにウォシュレットがある場合は毎回使うようにしましょう。またナプキンもこまめに取り換えることがすそわきが対策にもつながります。また生理中やおりもののときには体調にもきをつけないといけませんので、体調が悪いときには無理しないようにしましょう!

 

またお風呂にはいるときにも、気を付けなければいけません。生理中やおりもののときにはいつもより丁寧に洗い流そうとするため、ゴシゴシと強い力で洗ってしまうかもしれませんが、これはデリケートゾーンを傷つけてしまうことになりますのでやめましょう。皮膚が傷ついてしまうと臭いも発しやすくなりますので、つまりはすそわきがになりやすくなります。デリケートゾーンを洗うときには専用のせっけんを使うことが必須です。やさしく丁寧に洗うことを心がけましょう。

 

そして食生活にも気を付けることが対策につながります。「動物性たんぱく質」はあまり摂取しすぎると体臭がきつくなるといわれています。わきが体質にもなりやすいので魚や野菜を中心とした、和食をとるように心がけましょう。辛いものが好き、にんにくが好き、アルコールが好きなどといった食の子のみも発汗につながるのできをつけましょう。

 

そしてすそわきがになっている人にもおすすめなのは「ヒップリップ」です。なる前の対策にもなりますし、おすすめです。自分の体臭にはきをつけましょう!