すそわきが 石鹸

MENU

すそわきがに良い石鹸ってある?【選び方を伝授】

すそわきがとはデリケートゾーンのわきがのようなものです。丁寧に洗うことが大事ですが、すそわきがに使える石鹸、効果的な石鹸というものはないのでしょうか?すそわきがに適した石鹸、また洗い方についてご説明していきたいと思います。

 

まず、すそわきがは正式には「腋臭症」と呼ばれています。遺伝が原因で起こることが多いですが、遺伝ではなくてもその人の生活習慣や普段の身体のケアのしかたですそわきがになってしまうこともあります。汗そのものの臭いと思われがちですが、そうではないんです。すそわきがやわきがは汗と、皮膚にある皮脂や雑菌と反応することで悪臭になってしまいます。

 

汗はだれでもかくものですし、まったくかかないと体温調節ができないなど危険になります。ということは臭いの原因になる、皮膚にある雑菌などと反応させないように身体を清潔にたもつことが大切になってきます。

 

すそわきがに良いとされる石鹸は?

 

すそわきがになってしまっている人のデリケートゾーンは悪玉菌が活性化している状態です。つまり細菌がたくさんいて、繁殖しやすくなってしまっているんですね。こうなっている状態では臭いを発しやすくなります。臭いをおさえるためには善玉菌がたくさんなければいけません。

 

悪玉菌はアルカリ性を好み、善玉菌は弱酸性を好みます。つまり弱酸性の石鹸をつかうと臭いの原因になる悪玉菌をおさえて、善玉菌を増やすことができます。弱酸性の石鹸を選ぶと思うとかなり選びやすいですよね!また、デリケートゾーン専用の石鹸というものも販売されていますので、デリケートゾーン専用の石鹸を使うこともおすすめです。

 

デリケートゾーンの洗い方

 

すそわきがはかなり強いにおいを発しますのでそれをいやにおもって、何度もこすってしまったり強くゴシゴシと洗うと逆効果になると知っていますか?デリケートゾーンは肌が薄く敏感なので、特に洗い方には注意していただきたいです。力強くこするのは皮膚にとってなにもいいことはありません。むしろかゆみやいたみなど炎症をおこしてしまうのでいますぐやめてください。

 

 

デリケートゾーンをあらうときは石鹸タオルを身体と同じように使うのではなく、身体用とはまず分けた方が良いです。タオルに石鹸をつけてごしごしとあらうのではなく、洗顔のときのようにふわふわな泡をつくって、丁寧に洗うことが大事なので、弱酸性の石鹸やデリケート部分専用の石鹸を泡立てネットで泡立て、 手でやさしく洗うことをおすすめします。

 

清潔に保つことが大事ですが、洗いすぎも禁物です。善玉菌も洗いすぎると洗い流れてしまうので、こうなるとまた悪玉菌が繁殖しやすくなってしまいます。痛いとおもうまでごしごしすることはやめてくださいね!

 

すそわきがには適している石鹸も、洗い方もありますのですそわきがになっているひともなっていないひとも気を付けて、臭いを発しないような心がけをするようにしましょう!