すそわきが 対策

MENU

すそわきがをなんとかしたい【対策方法はない?】

すそわきがという言葉を知らない人もまだたくさんいらっしゃると思います。対策方法を知っておかないと大変なことになるかも・・・。まずはすそわきがとはどういうものなのか、知識をつけておきましょう。そしてすそわきがの対策方法を知っておきましょう!!はやめに対策しないと後悔することになるかも・・・

 

すそわきがってなに?

 

まず「わきが」というのは聞いたことがありますか?「わきが」とはワキのニオイのことを言いますよね。学校や会社で何人かあったことがある人がいるのではないでしょうか?汗がにおっているというか、「わきが」のひとからは独特なニオイがしています。よく「わきが」はうつるという言葉を聞いたこともありますが、そんなことはないそうです。

 

「わきが」の人というのは、自分では気付きません。でも周りの人からするとものすごいにおいですよね・・・。汗。なんと欧米ではわきが体質の人が7割もいるといわれているんです。そのために認知度も高いそうです。しかし日本ではわきが体質のひとは1割ほどだそうです。少ないですね。しかし少数しかいないために認知度は低く、対策をしている人も少ないです。

 

すそわきがとはワキではなく、陰部のわきがのことをさします。「わきが」の原因は汗そのもののニオイではなく、原因はアポクリン汗腺から出る汗だといわれています。アポクリン汗腺にふくまれるアンモニアや脂肪、尿素などいろいろな成分と汗がまじりあうことでニオイが発生するといわれています。

 

すそわきがとは陰部からのニオイと説明しましたが、陰部や乳輪にもアポクリン汗腺があるのでわきがと似たようなニオイを発することがあります。この陰部からのニオイが「すそわきが」と呼ばれているんですね。陰部も汗はかきやすく蒸れやすい部分ですので、清潔にしておかないとすそわきがになってしまいます。

 

すそわきがの対策は?

 

すそわきがにならないためにできる対策を紹介します。

 

1. 汗や汚れをしっかりとふきとる
わきがもすそわきがも、ニオイのもとになるのは汗です。汗をかいたらこまめにふきとる、汚れをそのままにしておかないなどケアが必要です。すそわきがとは陰部なので尿や経血などのよごれも注意しなければいけません。とくの女性の場合は生理中は注意しないといけません。トイレにはウォシュレットがあるので、トイレに行くたびにしっかり洗い流すことが大切です。

 

2. 丁寧に洗う
こちらは「すそわきがかもしれない」「ニオイを発しているかもしれない」と自分で思ってしまうことにより、ゴシゴシと強い力で洗ってしまうことに注意しなければいけません。デリケート部分は敏感なので丁寧に洗ってあげることが必要です。ぎゃくにニオイを強めてしまい、皮膚を傷つけてしまうこともありますので気を付けましょう!

 

すそわきがの対策としての基本はこれくらいです。対策をしっかりすることで、デリケートゾーンを清潔に保ち、ニオイを発しないよう気を付けましょう!